Amazonで評判が良かったので、
「スラスラ読めるPythonふりがなプログラミング」を読んでみました。

まず率直に、この本の発想に感嘆しました。

プログラミング初心者が読む最初の一冊としておすすめです。

本のタイトルにある通りなのですが、プログラムの一行一行にふりなががふってあり、
ふりがなとセットで読むと、プログラムの意味が同時にわかる仕掛けになっているな〜と感動しました。

プログラミング初心者にできる限り寄り添い、プログラミングについて丁寧に教えてくれています。

 

私の場合は、ほぼ独学でプログラムを一行一行あっちこっち調べながらの
の学習だったので、こういう本があったのか〜と感動しているところです。

最初の調べる作業はまるで苦行です。
今思えば苦行は美徳でもなんでもないです。
苦行になるから挫折する人も多いのでは思います。

プログラミング初心者がこの苦行から解放される意味はとても大きいと感じています。

 

プログラミング学習の考え方ががらっと変わり、新鮮な気持ちになりましたね。

もし、プログラミング初心者の頃に自分の手元にあれば、
もっと楽にプログラミング学習を開始できたのになって感じています。

プログラミング初心者だけでなく、プログラミングを教える立場の人にとっても、
参考になるような書籍でした。購入の価値ありと思いましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

「スラスラ読めるPythonふりがなプログラミング」はこんな人におすすめ

ずばり、プログラミング初心者向けの本だと思います。

「これからプログラミングを学びたい、始めるなら今話題のPythonから初めてみたい」

こんな人におすすめの本だと思います。

「そもそもプログラミングってどんなこと書くの?英文字と記号で意味がわからんない・・・」

こういった疑問の解消から始めたい方におすすめですし、プログラミングの概要をつかむのに役立つと思います。

文字やイラストも見やすいですね。

プログラミングへの抵抗感をほぐしてくれる本だと思いますね。

スポンサーリンク

プログラミング初心者にとことん寄り添う姿勢が素晴らしい

本書のタイトルの通り、プログラムにふりがながふってあり、プログラミング初心者にとことん寄り添って書いた本だと思います。

例えば、基礎中の基礎であるプログラムの箇所にも、一つ一つふりがなで説明が添えてあります。

普段プログラミングに慣れた人なら意識することがないような箇所まで、丁寧にその都度説明が添えてあります。

しかも、全てのプログラムのサンプルにふりがなで説明が添えてあるので、前に戻って解説を探すような手間が省けます。

この記事の冒頭でも書きましたが、この前に戻って調べ直す作業が大変なんですよね。
私も経験がありますが、その作業自体が結構たいへんで満足感も覚えてしまいますが、
今思えば無駄な作業だと思ってしまいますね。

プログラミングに慣れてしまうと忘れてしまいましたが、プログラミング初心者の頃を思い出しました。

プログラミング初心者に寄り添うような姿勢には、大変感激しました。

プログラミング学習者へのおすすめの使い方

もし、私がプログラミング初心者に戻って本書を手にしたら、こんな感じで読むといいな〜と思っていますので紹介します。

まずは、あまり肩肘をはらずに、「プログラミングってこんな感じなんだ〜」って思いながら、まずは一読するのが良いのではと思います。

プログラミングは最初の一歩で難しい感覚をもってしまうと、二歩目がどうにも進みません。

なので、
・まずは一読
・そして何回か繰り返し読みこんでいく
・最終的に、プログラミングの感覚が備われば
本書を読む目的としては十分達成だと思います。

更にですが、

プログラミング初心者にとって大事なことは、まずは、理論はだいたいで掴んでおいて、
実践しながら理解を深めていくことだと思っています。

本書を読むのと合わせて、プログラミングして動かしてみると更に良いと思います。

最後に:プログラミングを教える立場に人にも参考になる

最後に、プログラミングを教える立場に人にも参考になると思いました。

自分も初めは通ったであろう、「プログラミング初心者がつまづくポイント」にも気づかせてくれます。

慣れると当たり前の部分は省略してしまいがちですねからね。

また、勉強を重ねると、どうしても厳密で正確性を追求した説明をして、
プログラミング初心者の方との間に距離を作ってしまいがちです。

プログラミング初心者の方にとっては、簡単な説明で、まずは感覚的にわかる方が大事だったりします。

プログラミング初心者の感覚を養うのにも、とても参考になる本だと思いました。

それでは以上です。

スポンサーリンク