スポンサーリンク

diffで差分のあったファイル数をカウント

※MACターミナル(BSD系)での動作確認です。

まずは、diffの-rオプションで2つのディレクトリ間の差分を調べます。
参考:diffの-rオプションでディレクトリ間を再帰的に比較する

これだと、差分の内容が表示されてしまうので、
-qオプションで差分のあるファイルのみ表示します。
参考:diffの-qオプションで差分のあるファイルのみ表示(差分の内容は非表示)

あとは、wcで行数のカウントをすれば良いかと思います。
ディレクトリの差分はない前提ですね。

スポンサーリンク