スポンサーリンク

diff -uオプション

まず処理しやすくするために、-uオプションでUnified形式で表示します。
参考:diffの-u/-c/-yオプションで表示形式を変更

※MACターミナル(BSD系)での動作確認です。

スポンサーリンク

追加分の差分のみ抽出

grepで先頭が+の文字の行を抽出します。
ただし、先頭が+++の行は除外しています。
参考:grep時にある文字列を除外して検索
追加分のみ差分が抽出できます。

先頭の+の文字をsedで削除すると、差分の文字列のみ抽出できます。

削除された差分のみ抽出

こちらも同じように、grepで先頭が-の文字の行を抽出します。
ただし、先頭が---の行は除外しています。
削除分のみ差分が抽出できます。

同様に、先頭の-の文字をsedで削除すると、差分の文字列のみ抽出できますね。

スポンサーリンク