スポンサーリンク

diffの-sオプションで差分がない場合にメッセージを表示

下記のように、-sオプションを付けないと、差分がない場合は何も表示されません。
※MACターミナル(BSD系)での動作確認です。

下記のように、-sオプションを付けると、差分がなく同一ファイルの場合にメッセージを表示できます。
このほうが、わかりやすい場合もありますね。

例えば、下記のようなメッセージが表示されます。
※MACターミナル(BSD系)での動作確認です。

スポンサーリンク

サンプルコード

例えば、下記のファイルがあったとします。

2つのファイルが同一ファイルで差分がないので、何も表示されません。

-sオプションを付けると、下記のようにメッセージが表示されます。

-sオプションを付けても2つのファイル間に差分があると、下記のように差分が表示されます。

スポンサーリンク