スポンサーリンク

-uオプション

※MACターミナル(BSD系)での動作確認です。

好みが分かれるところかもしれませんが、diffの表示形式を変更できるオプションについてです。

オプションを何も付けないと、下記のようになります。

-uオプションでUnified形式で表示できます。

参考:diffの-uオプションでpatchファイルを作成して適用する

スポンサーリンク

-cオプション

-cオプションでContext形式で表示できます。

-yオプション

-yオプションで左右並べて表示できます。

-rオプションと組み合わせてディレクトリ以下を再帰的に表示

-rオプションとの組み合わせも便利です。

参考:diffの-rオプションでディレクトリ間を再帰的に比較する

-yオプションと組み合わせています。

スポンサーリンク