※MACターミナル(BSD系)での動作確認です。

grepのiオプションは検索時に良く使います。
大文字小文字を区別せずに検索できるオプションになります。

スポンサーリンク

grepの-iオプションをつけたサンプルコード

例えば、下記のようにin.txtがあったとします。

“find”の文字列を大文字・小文字を区別せずにgrepで検索する場合には、下記のように実行します。

下記が実行結果になります。

下記は、-iオプションを指定しなかった場合の実行結果になります。
小文字の”find”の文字列の行しか検索されていないのが、確認できます。

スポンサーリンク