自宅に眠ってたWindowsXP時代のパソコンをようやく処分。
HDDのデータの消去から無料回収まで、実際に行った手順を紹介したいと思います。

パソコンが休眠状態になっていた理由:
・パソコンの中身(HDD)のデータが心配だった
・HDDのデータを消去が必要だとわかっていたが、億劫で家の中に眠らせておいた

 

ただ、今回は、家族からパソコンを処分したいとの話があり、丁度良いタイミングだと思い、処分に本腰を入れた。

 

今回処分したパソコン
・デスクトップパソコン(WindowsXP HDD:56GB)
・増設用HDD:153GB
・ノートパソコン(WindowsXP HDD:76GB)

 

デスクトップパソコンは特に場所をとっていたので、処分してほんとにスッキリしました!

スポンサーリンク

ターミネーター10plusでHDDのデータを抹消

まずは、HDDデータ抹消用のソフトウェアをAmazonで購入。
購入したのはCD形式のターミネーター10plus。

 

ターミネーター10plusを購入した理由は、
・値段が手頃だった
データの抹消セキュリティレベルが選べ、抹消方法としても安心感があった

 

特にデータの抹消レベルが選べたのは、購入理由としては大きかった。

 

 

実際、下記のセキュリティレベルが選べた。
レベル 1 :ゼロ書込み方式
レベル 2 :1(0xFF) 書込み方式
レベル 3 :乱数書込み方式
レベル 4 :乱数+ゼロ書込み方式
レベル 5 :米国国家安全保障局 (NSA) 方式
レベル 6 :米国国防総省 (DoD5220.22-M) 方式
レベル 7 :北大西洋条約機構 (NATO) 方式
レベル 8 :米国国防総省 (DoD5220.22-M ECE) 方式
レベル 9 :シュナイアー (Schneier) 方式←今回データ抹消で選択した方式
レベル10:グートマン(Gutmann)方式

 

今回は、レベル 9 :シュナイアー (Schneier) 方式で、HDDのデータを抹消。
レベル10だと書き込み回数が35回となり、さすがに時間がかかりすぎると判断。
実際、レベル 9 は書き込み回数が7回だったが、最大8時間かかった。
レベル10だと、1日かけてもおそらく終わらなかったと思われる。

 

おおまかな手順下記。
1. まずは一旦ウィンドウズXPを立ち上げる
2. CDを挿入
3. パソコンを再起動する
4. ウィンドウズPE立ち上がる
5. 抹消するHDDを選択
6. 抹消セキュリティーレベルを選択
7. 消去開始
8. あとは待つだけ・・・

特に難しいことはなかったと思います。

 

ただし、今回、デスクトップパソコンについては、BIOSの設定で、デバイスの起動順を変更する必要があった。

 

CDでターミネーター10のWindowsPEが起動できずに、HDDのWindowsが立ち上がってしまう場合は、まずは、このデバイスの起動順を疑うと良いと思います。

 

デバイスの起動順が、HDD→CD→・・になっていたが、CD→HDDの順に変更。
変更前は、HDDがCDよりも起動順が先だったため、CD起動せずにHDDが起動してWindowsが立ち上がってしまった。

 

初心者だとなれないかもしれないが、変更方法は簡単。
今回は、起動時に「F2」キーを押下して、BIOSの設定メニューを表示。
そこから、メニュー操作でデバイスの起動順を変更。

 

慣れていないと右往左往するかもしれないので、事前にWebでBIOS操作のイメージをつけておくことをオススメします。
「BIOS 起動順 変更」で検索すると、いくつか出てくると思います。

 

さて、実際に抹消にかかった時間はというと?

ターミネーター10のシュナイアー方式で、3台とも削除
56GB:約8時間かかった
74GB:約4時間かかった
153GB:約8時間かかった

 

WindowsXP時代のパソコンなので、あくまでも参考です。
CPUやHDDの性能でいくらでも変わってくると思います。

 

153GBのHDDについては、別のパソコンにターミネーター10をインストール後、
HDDをWindows10のパソコンにUSBで外付けして、HDDを抹消。
153GBあったが、ターミネーター10を別途インストールしたパソコンの性能がそこそこ良かったため、
抹消時間がほかのHDDに比べて早かったのではと推測。

 

別途ターミネーター10をインストールしたパソコンは、そこそこ最近のパソコンです。

今回は、シュナイアー方式でも、一日以内に抹消時間が収まりましたが、最近の500GB超えのHDDだと、抹消レベルは考える必要がありそうです。

スポンサーリンク

ビックカメラでHDDを破壊処理

さて、データの抹消も終わり、念の為にHDDの破壊処理を行いました。

Web検索で、ビックカメラがHDDの破壊処理サービスを実施しているを確認。

参考:ビックカメラのHDD破壊サービスのページ

一台税込みで1020円(当時の価格)だったので、価格的にもないと判断し、ビックカメラで破壊処理をしてもらうことに。

 

HDDの破壊処理をするので、データの抹消は必要なかったのでは?との意見もあると思うが、
・そもそも、HDDのデーバ抹消を経験してみたかった
・破壊処理サービスに持っていく最中に、HDDを紛失したときのリスクヘッジ

を考慮して、事前にデータの抹消を行いました。

 

1. HDDをパソコンから取り出して、ビックカメラにHDDを持ち込み

(ここからはビックカメラに到着後。所要時間は到着してから45~60分程度だったと記憶
1. ビックカメラで整理券を受け取る
2. 10~15分程度待って呼ばれたので、仕切りで区切られたブースに移動
3. 破壊処理したあとはデータは取り戻せない旨の説明を聞いたあとにサイン
4. 専用の機械が運ばれてきてHDDの破壊処理を実施(ここは店員さんが実施、ものの数秒〜数十秒)
5. 終了すると、破壊処理したHDDをジッパー付きの袋に入れてもらった(HDDは持ち帰る必要がある)
6. 料金を支払って終了

 

今回は、ノートパソコンのHDDの取り出しに自身がなかったので、
別途520円(当時の価格)で、ビックカメラで取り出しを依頼

HDDはパソコンから取り外して、ビックカメラに持ち込むのをオススメします。
パソコンごと持っていくと重くて大変です。

 

仕切りのあるブースで、ビックカメラの店員さんは対応も大変素晴らしかったです。
安心してお願いすることができました。

HDDの破壊処理は、目の前で行ってくれて、これも安心感があった。
破壊処理は、HDDに4つ穴をドリルで開けているとのことだった。

インバースネットで無料回収

さて、最後はパソコンの廃棄。

Web検索で、いくつかの無料回収業者の中から、インバースネットを選択。

参考:インバースネットの無料回収のページ

 

理由は、パソコンの無料回収を受け付けていたことと、
あとは、山田電気のグループ会社という安心感があったから。
ヤマダポイントが200pt付与される。

 

まずは、ホームセンターでダンボール(120サイズ)を購入(一つ200円程度)。
バブルラップで梱包して荷造り

今回、梱包したパソコン類
・デスクトップパソコン 1台
・キーボード1台
・モニター1台
・電源ケーブル
・ノートパソコン1台
・HDD(増設分含め3台)

そこそこの重さになった。

 

その後、最寄の佐川急便の営業所に集荷のお願い連絡をTEL。
着払いを受け付けには、佐川急便の指定が必要なので注意

参考:佐川急便の営業所検索のページ

 

佐川急便のドライバーが到着後、その場で伝票を書いて集荷。
・できれば着払い用伝票は事前に配達してもらい、前もって記入しておくと楽。
・集荷時に書くと焦るし、時間がかかるとドライバーの方にも迷惑がかかる
・今回は、事前に伝票を配達してもらうタイミングがなかったが、次回からは事前に配達してもらうようにしたい

 

インバースネットのホームページから無料回収の申し込み。

参考:インバースネットの無料回収のページ

 

荷物のお問い合わせ送り状No.(追跡番号)とヤマダポイントの会員番号の入力して、
申し込みが完了。

 

ヤマダポイントの申し込みは任意なので、不要であれば記入の必要はなし。

ヤマダポイントは、パソコン一台回収につき200pt付与されます。ただし、その場合は、パソコンを一台ずつ、別梱包にして配送する必要があるとのことでした。

 

今回は、ヤマダポイントにこだわるよりは、配送を楽にしたかったので、梱包をひとまとめにして送りました。
(ヤマダポイントは毎週水曜日に付与されるようで、水曜日にしっかりと200pt付与されていました)

 

インバースネットについては、事前に問い合わせフォームから質問していたが、
翌日には回答があり、回答内容も非常に丁寧で安心感があった。
とても感謝。

 

データ抹消とHDDの破壊処理をせずに、インバースネットに送ることも考えた(インバースネットにHDDの処理もしてもらう)。

ただ、やはり何かあった場合のことも考えて、今回は念の為、データ抹消とHDDの破壊処理を行った。このあたりは個人の考え方次第だと思う。

まとめ

今回は、休眠していたパソコンをようやく処分できた。
とても気持ちがスッキリしました。

今回は下記の手順で処分できた
1. ターミネーター10plusでデータ抹消
2. ビックカメラでHDDを破壊処理
3. インバースネットでパソコンを無料回収してもらう

HDDの処分については、考えるのも億劫になっていたが、
一度経験してしまえばなんてことはない。

スポンサーリンク