しばらく経つとsedの使い方がわからなくなるので備忘録です。
特に、-eオプションってどうなんだっけと毎回なってしまいます。

スポンサーリンク

sedの-eオプション

sedの-eオプションの使い方

例えば、sedを使って置換する場合は、下記のような形式でsedを実行します

sed -e 置換コマンド 入力ファイル

スポンサーリンク

sedの-eオプションを使ったサンプルコード

例えば、下記のようにin.txtがあったとします。

下記のようにsedコマンドと-eオプションを設定して実行することで、beforeの文字列がafterに置換されます。

※MACターミナル(BSD系)での動作確認です。

beforeの文字列がafterに置換されているのが確認できます。

sedコマンドの中では、よく使うオプションだと思っています。

使い方になれておくと、後々楽になると思います。

スポンサーリンク

sedの-eオプションの省略する時の注意点

sedの-eオプションの省略の仕方

sedでは-eオプションを省略することができます。
ただ、-eオプションを省略した場合は、sedの第一引数がコマンド、第二引数以降は入力ファイルと解釈されます。
なので、この順番を守ることが大切になります。
sedで-eオプションを省略する場合は、下記の形式で記述。

sed 置換コマンド 入力ファイル

sedの-eオプションの省略するサンプルコード

先程と同様のin.txtがあったとします。
-eオプションを下記のように省略してsedを実行すると、先程の実行結果と同様の結果となることが確認できます。

スポンサーリンク