※MACターミナル(BSD系)での動作確認です。

スポンサーリンク

awkの連想配列

awkの連想配列では、下記の形式で、keyで指定した配列arrの要素にvalueを格納できます。

この仕組みを使うと、文字列の出現回数を簡単にカウントできます。

例えば、下記のように配列arrのkeyにカウントしたい文字列を指定します。

そして、文字列が出現するたびに、カウントしたい文字列で指定した要素の値を0からインクリメントしていきます。

インクリメントされた値が、keyで指定した文字列の出現回数となります。

スポンサーリンク

特定の列の文字列の出現回数をカウントするサンプルコード

例えば、下記のin.txtがあったとします。

下記がサンプルコードになります。
in.txtの2列目の文字列の出現回数をカウントして、最後に配列arrのkeyとvalueをprint出力して、出現した文字列と出現回数を出力します。

参考:awkのfor文処理で配列操作をする方法をメモ

下記が実行結果になります。

スポンサーリンク