スポンサーリンク

awkはprint文に、リダイレクト”>”を設定して、ファイルに出力することができる。

ワンライナーで簡単な例を示すと、、、

単順に、sampleという文字列を、out.txtにファイル出力しています。

リダイレクトの後ろに、ダブルコーテーション”で囲んで出力ファイル名out.txtを書いています。

データ解析などの中間ファイルとして、ファイルに出力しながらシステムを組んでいくと、
わかりやすくメンテナンス性の高いアーキテクチャが出来上がると思います。

自分は、デバッグ性を上げるためにもよく行います。

スポンサーリンク

print文毎に出力ファイルを設定して、複数ファイルに出力する

print文毎に異なる出力ファイルを設定すれば、用途に応じて異なったファイルにそれぞれ出力できます。

下記にサンプルを書きました。
in.txtを1行毎に処理し、out1.txtとout2.txtにそれぞれ異なるフォーマットで日付を出力しています。

スポンサーリンク