スポンサーリンク

終端文字列が出現するまで、インデックスをループ処理

1つ目は、下記のように、終端文字列が出現するまで、配列のインデックスをwhile文でループ処理して参照する方法です。
ポインタを使うとみにくくなると感じるので、好きな方法です。

スポンサーリンク

ポインタをインクリメントしながら、ポインタの指す先を参照

次は、ポインタをインクリメントしながら、ポインタの指す先を1文字ずつ参照していきます。
こちらも同様に、終端文字列が出現するまでwhile文でループ処理します。

strlen()で文字列の長さを取得し、文字列の長さ分ループ処理

strlen()で文字列の長さを取得し、for文で文字列の長さ分ループ処理する方法もあります。
こちらの方法もわかりやすくで好きな方法です。

スポンサーリンク

サンプルコード

下記がサンプルコードになります。

下記が実行結果になります。

スポンサーリンク