findとwcの組み合わせで、ファイル数をカウントすることができますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

findでファイルを再帰的に取得してwcでカウントする

下記のように、findの-typeオプションでfを指定して(ファイルのみ検索対象にして)、カレントディレクトリ以下のファイルを再帰的に取得していきます。
そしてパイプで繋げて、-lオプションでwcすることで、ファイル数がカウントできます。

例えば、カレントディレクトリ以下が下記のツリー構造になっていたとします。

先程の、コマンドを実行すると、カウント結果が4ファイルとなることが確認できます。

スポンサーリンク

隠しファイルを除外して、ファイル数をカウントしたい場合

find検索の時に!を付けて除外します。隠しファイルは、位置文字目が "." で、2文字目以降は任意の文字列なので、! -name ".*"とfind検索に付加します。

先程と同様に、下記のツリー構造があった時に、上記コマンドを実行します。

下記が実行結果です。先頭が "." で始まる隠しファイルが除外されて、2ファイルとカウントされているのが確認できます。

エンジニアのスキルを活かして、理想の働き方を求めていこう

エンジニアとして新しい働き方を求める方へ、MIDWORKS

MIDWORKSは、週3日から可能な案件も紹介していて、フレキシブルな働き方を求めるにとってはおすすめです。

MIDWORKS

MIDWORKSでは、万が一仕事が途切れてしまった場合の給与保証制度があります。 給与保証制度を適用している場合は、仕事が見つからなかった時に月額契約単価の80%を日割りで受け取ることができます。
安定した収入を求めるフリーランスにとっては、安心して案件を探すことができると言えます。

MIDWORKSに無料会員登録する

開発言語に応じた案件を探すことができるので、 自身のスキルアップの機会として、案件を探すのも有効な手だと思います。

スポンサーリンク