スポンサーリンク

Pythonのリストの要素をソートする方法

Pythonのリストの要素をソートする方法です。

sort()で、リストの要素を昇順にソート

下記の形式で、sort()メソッドを使うことで、リストの要素を昇順にソートできます。
リストの中身がソートされることに注意が必要です。

list.sort()

例えば、下記のように書きます。

下記が実行結果になります。

スポンサーリンク

reverse()で、リストの要素を逆順にソート

下記の形式で、reverse()メソッドを使うことで、リストの要素を逆順にソートできます。
リストの中身がソートされることに注意が必要です。

list.reverse()

例えば、下記のように書きます。

下記が実行結果になります。

sort()で、リストの要素を降順にソート

降順にリストの要素をソートする場合には、引数にreverse = Trueを設定します。

list.sort(reverse = True)

例えば、下記のように書きます。

下記が実行結果になります。

sorted()でリストの中身を変更せずに、ソート結果(昇順)を新規に作成

sort()メソッドはリストの中身が直接変更されてしまいます。
sorted()関数を使うことで、ソート結果(昇順)を新規に作成することができます。

listNew = sorted(list)

例えば、下記のように書きます。

下記が実行結果になります。リストの中身は変更されていないことが確認できます。

sorted()でリストの中身を変更せずに、ソート結果(降順)を新規に作成

sorted()関数で、降順でソート結果を新規に作成する場合には、引数にreverse = Trueを追加します。

listNew = sorted(list, reverse = True)

例えば、下記のように書きます。

下記が実行結果になります。リストの中身は変更されていないことが確認できます。

サンプルコード

下記がサンプルコードになります。

下記が実行結果になります。

スポンサーリンク