スポンサーリンク

with openで、ファイルオープンのクローズし忘れを防止

with openの形式で、ファイルオープンすることでクローズし忘れを防止できます。
また、ファイルオープン以降は、インデントすることになるので、可読性もあがりますね。
もちろん好みもありますが。

下記がサンプルコードになります。

今回は、read()でファイルの中身を読み込んでいます。
参考:[Python]ファイルを読み込むread()/readlines()/readline()の使い方

下記が実行結果になります。

スポンサーリンク

open()を使う場合は、close()を忘れずに

open()を使う場合は、close()を忘れずにすることが重要です。

下記がサンプルコードになります。

print出力時には改行が入ってしまうので、end=”を設定しています。

もともとのファイルの最終行に改行が入っているので、end=”を付けずにprint出力すると、改行が余計に1行入るように見えてしまいます。
参考:[Python]改行なしでprint出力する(end=”を設定)

下記が実行結果になります。

スポンサーリンク