スポンサーリンク

awkで文字列を連結させる方法

awkで文字列を連結させるには、文字列を連結したい順に列挙することで、連結した文字列として扱うことができます。
例えば、下記のように、"awk" "find" "ls"を連結した文字列として扱うには、str = "awk" "find" "ls"のように、文字列を連結したい順に列挙して、変数strに代入してあげます。変数strは、"awkfindls"の文字列として扱うことができます。

実行してstrをprint出力すると、文字列が連結されているのが確認できます。

スポンサーリンク

awkでフィールド(列)同士を連結させる方法

awkでフィールド(列)同士を連結させる時も同様に、フィールド(列)の変数を連結したい順に列挙します。
1フィールド(列)目と2フィールド(列)目を連結させたい時には、$1 $2の順に列挙することで、連結した文字列として扱うことができます。

下記のように、in.txtがあったとします。

下記が1フィールド(列)目と2フィールド(列)目を連結させるサンプルコードになります。

実行すると、下記が1フィールド(列)目と2フィールド(列)目が連結されてprint出力されているのが確認できます。

スポンサーリンク

awkでフィールド(列)と文字列を連結させる方法

このケースも実際の場面ではよく使うと思います。
同様に、フィールド(列)の変数と文字列を連結したい順に列挙します。

例えば、下記のようにin.txtがあったとします。

下記が、フィールド(列)と文字列を連結するサンプルコードになります。

実行すると下記のように、フィールド(列)と文字列を連結されて、日付が出力されているのが確認できます。

その他:文字列操作の参考記事

その他のよく使う文字列操作について、参考記事を書いていますのでご紹介です。

awkのsubstr()で、切り出し開始位置と長さを指定して文字列を切り出すことができます。
参考記事:awkでsubstr()を使って文字列を切り出す方法

文字列置換関数のgsub()も私自身よく使います。よろしければ下記リンクの記事をご参考ください。
参考記事:awkの文字列置換関数gsub()の使い方

エンジニアのスキルを活かして、理想の働き方を求めていこう

エンジニアとして新しい働き方を求める方へ、MIDWORKS

MIDWORKSは、週3日から可能な案件も紹介していて、フレキシブルな働き方を求めるにとってはおすすめです。

MIDWORKS

MIDWORKSでは、万が一仕事が途切れてしまった場合の給与保証制度があります。 給与保証制度を適用している場合は、仕事が見つからなかった時に月額契約単価の80%を日割りで受け取ることができます。
安定した収入を求めるフリーランスにとっては、安心して案件を探すことができると言えます。

MIDWORKSに無料会員登録する

開発言語に応じた案件を探すことができるので、 自身のスキルアップの機会として、案件を探すのも有効な手だと思います。

スポンサーリンク