awkのNR変数で行数に応じた処理をする

スポンサーリンク

awkの組み込み変数NR

※awkの使い方をまとめて一覧にしました。
参考:awk入門-使い方まとめ一覧-

NR変数で、処理中の行数が取得できます。
便利な変数です。

※MACターミナル(BSD系)での動作確認です。

例えば、下記のin.txtがあったとします。

print出力で、NR変数を出力してみます。
先頭に処理中の行数を付与しています。

例えば、特定の行数のみ表示したい場合、今回は2行目を表示してみます。

スポンサーリンク

NR変数を使ったサンプルコード

いくつかサンプルコードを載せてみます。

2行目以降の3列目の総和を求める。

参考:grepを使って行単位で処理するのも便利です
参考:grepとawkのワンライナーで特定の行と列を指定して総和を算出

丁寧にif分を使って、スクリプトを書いてみました。
参考:awkのif文のサンプルコード
2行目と4行目の行をprint出力しています。

下記が実行結果になります。

スポンサーリンク