スポンサーリンク

偶数か奇数か判定する関数を実装

偶数か奇数か判定する関数を実装してみました。

enumで偶数と奇数の定数を定義します。

2で割ったあまりが0の時は偶数、そうでないなら奇数を返します。

配列で偶数と奇数の文字列を定義しておき、isEveOrOdd()の戻り値に応じて、偶数か奇数かをprintf出力するようにしました。

下記は、for文で1〜7までの整数を生成して、偶数か奇数かをprintf出力しています。

スポンサーリンク

サンプルコード

下記がサンプルコードになります。

下記が実行結果になります。

スポンサーリンク