スポンサーリンク

diffの-iオプションで大文字と小文字を無視する

diffの-iオプションで大文字と小文字を無視して、差分を見ることができます。
※MACターミナル(BSD系)での動作確認です。

例えば、下記のファイルがあったとします。

下記は、-iオプションを付けなかった場合の実行結果になります。

-iオプションをつけると、大文字と小文字を無視されて差分がなくなります。

-sオプションをつけるとわかりすいです。
参考:diffの-sオプションで差分がなく同一ファイルの場合にメッセージを表示

差分がない場合もメッセージが表示されると安心はできますね。

スポンサーリンク