スポンサーリンク

diffの-qオプションで差分のあるファイルのみ表示

※MACターミナル(BSD系)での動作確認です。

diffの-rオプションで再帰的に差分を調べたときに、
差分が多すぎて結局どのファイルに差分があるかわかりにくい場合があります。

diffの-qオプションで差分のあるファイルのみ表示できます。
差分の内容は非表示になります。

下記のように-qオプションを付けないと、差分の内容も表示してくれます。

スポンサーリンク

サンプルコード

例えば、下記は-qオプションの指定なしにdiffを実行した場合です。

下記は-qオプションを指定してdiffを実行した場合です。
差分のあった結果のみ表示してくれます。
すっきりとして見易くなりますね。

スポンサーリンク