スポンサーリンク

git diff は、インデックスとワーキングツリーの差分を抽出

git diff --staged(--cached)は、インデックスとHEADの差分を見ることができます。

git diff は、インデックスとワーキングツリーの差分を見ることができます。

例えば、tmp.txtに変更を加えたとします。

git diffをすると、先程の変更がインデックスとワーキングツリーの差分として表示されます。

ここで、git diff --stagedをしても、インデックスとHEADに差分はないので、何も表示されません。

スポンサーリンク

git diff --staged(--cached)はインデックスとHEADの差分を抽出

ここで、git addでインデックスに登録します。

git diffをしても、git addをしてインデックスとワーキングツリーの差分がなくなったので、差分は何もありません。

ここで、git diff --stagedをすると、インデックスとHEADに差分があるので、下記のように差分が表示されます。

git diff --cachedでも同じ意味になります。

スポンサーリンク