スポンサーリンク

オプションなしのgit diff

まずは、file001.txtに変更を加えたとします。
2行目の後に、insertLineの文字列を挿入してみます。

※MACターミナル(BSD系)での動作確認です。
ただし、gsedをインストールして、aliasでalias sed=’gsed’としています。
参考:MacとLinuxでは、sedの動作が異なるので注意
参考:sedで行番号を指定して、前後に行を挿入する

git diffをすると、差分の前後の行も表示されます。

スポンサーリンク

git diffの-Uオプションで、差分の前後の行数を指定

-Uオプションで、差分の前後の行数を指定できます。

-U0とすれば、差分のみ表示できます。

差分の前後1行を表示してみます。

-U1と指定します。

-U2と指定してみます。

スポンサーリンク