スポンサーリンク

brewでgitをinstall

まずは、gitを最新にするところからスタートしました。
MACターミナルで確認すると、古いですがgitが入っていることがわかりました。
(このデフォルトのまま使ったこともありますが、今回は心機一転最新にするところからスタートです)

ここで、homebrewで最新のgitを入れるために、まずはhomebrewをupdateしようとしますが、

何の反応もありません。
参考:MACでbrew udpateができなくなった(反応しない)時に行った対処
ここは、homebrewをinstallし直すことで解決しました。

解決後、homebrewでgitをupgradeしようとすると、下記のエラー。
(デフォルトで入っていたgitは、homebrewでinstallしていないため)

そこで、homebrewで最新のgitをinstallすることに。
下記で無事にinstall完了。

スポンサーリンク

PATHの設定が必要

ただ、ここで下記のようにversionを確認すると、古いまま。
定番ですが、PATHの設定がうまくいってないようです。

which gitをしてみると。

/usr/bin/gitを指しているようです。

brewでinstallしたgitは、/usr/local/bin/下にあります。

さて、ここで/usr/local/bin/下のPATHの設定をします。
~/.bash_profileを編集します。
参考:Macターミナルの初期設定では~/.bash_profileと~/.bashrcはない?

.bash_profile に下記を追加します。

今回は、/usr/local/bin/下にはPATHは通っていましたが、
/usr/bin下が優先されていました。
なので、/usr/local/binを先頭に持ってくるように、上記のように設定しました。

更に、下記を忘れずに実行して、

無事に、gitが最新になっていることを確認しました。

スポンサーリンク