スポンサーリンク

名前空間の使い方

名前空間を使うことで関数名の衝突を避けて、効果的に管理できます。

下記のように名前空間の定義をします。

実際に名前空間で定義した関数を呼び出す場合には、スコープ解決演算子を関数の前に付けます。

スポンサーリンク

サンプルコード

下記がサンプルコードになります。
name001とname002の名前空間を定義して、それぞれにoutHello()を定義しています。
outHello()を呼び出す場合には、先頭にスコープ解決演算子を付けて呼び出します。

下記が実行結果になります。

スポンサーリンク