スポンサーリンク

dtype = “unicode”を指定して、numpy.loadtxt()で読み込む

データ型をunicode型に指定することで読み込むことができます。
**ただし、日本語の文字列などはエラーとなってしまいました。**
**下記のin.txtの文字列であれば読み込むことができました**

例えば、下記のようにin.txtがあったとします。

下記がサンプルコードになります。dtype = “unicode”を指定しています。

下記が実行結果になります。最後にdtypeを出力していますが、unicode型として扱われていることが確認できます。

スポンサーリンク

fmt = “%s”を指定して、numpy.savetxt()でファイルに書き込み

文字列をcsv形式でファイル書き込みする場合には、fmt = “%s”を指定します。

例えば、下記のようにin.txtがあったとします。

まず、numpy.loadtxt()でin.txtを読み込んで、その後、numpy.savetxt()でout.txtにcsv形式で書き込みをします。

下記が実行結果になります。out.txtにcsv形式で出力できているが確認できます。

スポンサーリンク