スポンサーリンク

Pythonで正規分布の乱数を生成させて統計情報を算出

NumPyで正規分布の乱数を生成

まずはNumPyで正規分布の乱数を発生させます。
例えば、平均が100、標準偏差が20の乱数を500個生成するには、下記のように書きます。

スポンサーリンク

平均を算出

mean()で平均を算出できます。

分散を算出

var()で分散を算出できます。

最大値を算出

max()で最大値を算出できます。

中央値を算出

median()で中央値を算出できます。

最小値を算出

min()で最小値を算出できます。

標準偏差を算出

std()で標準偏差を算出できます。

スポンサーリンク

歪度を算出

scipy.statsをimportして、skew()で歪度を算出できます。

尖度を算出

kurtosis()で尖度を算出できます。

ヒストグラムを出力

matplotlib.pyplotをimportして、hist()でヒストグラムを出力できます。
ビンの数を40に設定しています。

サンプルコード

下記がサンプルコードになります。

下記が実行結果になります。

正規分布のヒストグラム

スポンサーリンク