スポンサーリンク

range()で範囲指定して行を削除

まずは、csvファイルを読み込んでDataFrameを作成します。

DataFrame.drop()で行を削除できます。
例えば、1行目を削除する場合は、下記のように書けます。

DataFrame.drop()は、range()のリスト形式で範囲指定できます。
0-1行目を削除する場合です。

1-2行目を削除する場合です。

DataFrame.iloc()で範囲指定して箇所を抽出して、それ以外の行を削除することもできます。
0-1行目以外を削除する場合です。

スポンサーリンク

DataFrame.head()とDataFrame.tail()で範囲指定した以外の行を削除

DataFrame.head()で範囲指定した以外の行を削除することもできます。

先頭の2行以外を削除する場合です。

DataFrame.tail()で範囲指定した以外の行を削除することもできます。

最後の2行以外を削除する場合です。

サンプルコード

例えば、下記のin.txtがあったとします。

下記がサンプルコードになります。

下記が実行結果になります。

スポンサーリンク