スポンサーリンク

プログラミング学習が続かない理由

まずは、プログラミング初心者が挫折する理由を紹介してみたいと思います。

書籍は体系的に整理されているが、ボリュームが大きく途中で挫折する

プログラミング初心者が、あの分厚い書籍を読み切る確率ってどのぐらい何でしょう?

おそらく、ほとんどの初心者の方は、途中で挫折するんじゃないでしょうか?

ひょっとすると最初の数ページで挫折する人も多いかも、、、

 

書籍は、売り物である以上、厳密性やロジカルな説明が求められますから、
まずは日本語の説明だけで読解が困難なことも多い。

プログラミング学習で大事なのは、ロジックは置いといて、まずはプログラミングしてみるのがとても大事だと思っています。書籍から学習すると、この「まずはプログラミングしてみる」までのステップまでが遠くなりがちです。

 

私自身、プログラミング歴は十数年以上はありますが、
新しいプログラミング言語を学習するときは、正直、書籍で学習を進めるのは厳しいです。

まして、プログラミング初心者なら尚更です。

ただ、書籍は体系的に整理されているのは大きなメリットで、ある程度習熟してからバイブル的に使うのはとても良いと思いますね。

スポンサーリンク

Web上の情報で無料で学習できるが、情報が氾濫して必要な情報をピックアップできない

昔と違って、プログラミングに必要な情報は、ほとんど無料でWeb上で手に入りますね。

特に個人のブログ文化が発達した昨今、情報としては十分でしょう。

ただ、個人のブログであれば、ブロガーの興味に偏りがちになります。
自分に必要な情報は、その都度検索をする必要があるでしょう。

 

ある程度、プログラミングができる人なら、検索の仕方のコツも掴んでいると思いますし、ピンポイントで必要な情報にアクセスできる点で言えば効率的だと言えます。

ただ、プログラミング初心者は、その検索さえもままならないのが実情ではないでしょうか?

検索できて情報が目の前にあったとしても、その情報が自分にとって必要な情報かの判断も難しいのではないでしょうか?

 

おそらく、プログラミング初心者を意識して書いている記事が全てではない(たぶん、かなり少ない)ので、プログラミング初心者にとってはとっつきにくいかもしれません。

PCが必要なのはわかる、だが、必要なOSやツールのレベルになるとチンプンカンプン

プログラミングにPCは必須と言えると思います。

ただ、その先になると、途端にチンプンカンプンになる人も多いと思います。

使うOSによってもプログラミング環境も違ってきますし、使えるツールも取捨選択する必要があります。

 

WindowsなのかMACなのかLinuxなのか?

プログラミング初心者が持っているPCがWindowsであれば、Linux環境を作るにはどうすれば良いか?

(WindowsPCでも仮想的にLinux環境を構築できます。)

 

熟練のエンジニアでも開発環境については、日々頭を悩ましています。

Windows・MAC・Linux、このぐらいは慣れておくと良いとは思いますが、

プログラミング初心者は、まずはプログラミング環境は一つに絞って、
慣れたら広げて行くのが良いでしょう。

スポンサーリンク

プログラミング学習を続ける解決策

続いて、プログラミング学習を続けるための解決策についてです。

プログラミングスクールでプロの講師に習う

コツはずばり「周囲に、気軽にプログラミングを相談できる人がいるかどうか?」
だと思っています。

挫折しそうになったら「なんだそんなことか!それならこうすれば簡単だよ。」 と助言がもらえる環境、これが大事なんだと思っています。

初心者ならではの障壁を、経験者はいとも簡単に解決してしまいます。 聞けばわかることで時間を使うから挫折してしまうんですね。

学生の方であれば、友人や教師に相談できると良いですね。

では、社会人の方や周囲に気軽に相談できる相手がいない場合はどうすれば良いか?

一つの解決策として、プログラミングスクールで学ぶのは、とても有効な手段だと思いますね。

もちろん、お金がかかりますから、軽い気持ちでは受講することはできませんが、 講師から直接教わることができますし、わからないことがあれば気軽に相談できる環境を用意してくれます(もちろん、そのようなプログラミングスクールを選べばの話ですが)。

マンツーマンで気軽に質問できる侍エンジニア塾

おすすめ一つとして侍エンジニア塾を紹介します。

侍エンジニア塾のページ

侍エンジニア塾の特徴はなんと言っても講師からマンツーマンで指導を受けられることだと思います。 (対面でもオンラインでも指導が受けられます)

まさに、わからないことがあれば気軽に相談できる環境を提供してくれるのではないでしょうか。

現在、無料体験レッスンを受け付けていますので、まずは雰囲気を掴んで参考にするのも手ですね。

侍エンジニア塾の無料体験レッスン

各種様々なプログラミング言語に対応していまて、受講期間も1ヶ月〜6ヶ月と選択の幅があります。

転職やキャリア支援も、キャリアアドバイザーから受けられるので、受講後の将来も見据えた受講ができると思います。

「続けられるか心配。。」 「受講費用に見合った指導を受けられるか心配。」 「気軽に質問できるか心配。。」

お金がかかるこそ不安にもなります、だからこを慎重に自分に必要かどうか見極める必要があるかと思います。

「興味があるけど不安な点も多い。。」、まずは無料体験レッスンで心配事を相談してから検討してみるのも一つの手段だと思います。

侍エンジニア塾の無料体験レッスン予約のページ

どうしても独学で学習したいなら?

「独学が自分にはあっている。」 「まずは自分でやってみたい。」

そんな方には、是非、自分が作ってみたいプロダクトを決めた上で、Webや書籍の情報を頼りにプログラミングしてみるのがおすすめです。

ゴール(作りたいプロダクト)が明確なので、習得する必要のあるプログラミング技術も限定できます。

また、出来上がっていく様子を実感できるので、モチベーションも維持しやすいです。



コツは、できる限り簡単なプロダクトにすることです。 プログラミング初心者にとっては、最初の一歩のハードルが高いので、とにかく簡単なものにして挫折しないようにするのがおすすめです。

一つプログラミングできたら、「こんどはあーしたい、こーしたい」と必ずでてきます。

そうしたら、必要なプログラミング技術を、更に習得していけば良いですね。

エンジニアのスキルを活かして、理想の働き方を求めていこう

エンジニアとして新しい働き方を求める方へ、MIDWORKS

MIDWORKSは、週3日から可能な案件も紹介していて、フレキシブルな働き方を求めるにとってはおすすめです。

MIDWORKS

MIDWORKSでは、万が一仕事が途切れてしまった場合の給与保証制度があります。 給与保証制度を適用している場合は、仕事が見つからなかった時に月額契約単価の80%を日割りで受け取ることができます。
安定した収入を求めるフリーランスにとっては、安心して案件を探すことができると言えます。

MIDWORKSに無料会員登録する

開発言語に応じた案件を探すことができるので、 自身のスキルアップの機会として、案件を探すのも有効な手だと思います。

スポンサーリンク