スポンサーリンク

ファイルの存在をチェックしてコマンド実行

下記のように、if文の中の先頭に-eをつけます。
ファイルが存在したら、catで表示させています。
※MACターミナル(BSD系)での動作確認です。

参考:[シェル]if文でファイルの実行権限をチェックして実行

下記が実行結果になります。

ファイルがない場合は、catをすると下記のようになりますね。
これを避けるなら、上記のチェックが活きますね。

スポンサーリンク

ディレクトリの存在をチェックしてコマンド実行

ディレクトリの存在をチェックする場合も同様です。
ディレクトリが存在したら、findで再帰的に表示させています。

下記が実行結果になります。

findを実行してディレクトリが存在しない場合は、下記のようになります。
避けるならチェックが必要ですね。

スポンサーリンク