スポンサーリンク

Pythonのリストに要素を追加・挿入する方法

リストの末尾にappend()で要素を追加

リストの末尾に要素を追加する場合には、append()メソッドを下記の形式で使います。

list.append(追加するオブジェクト)

例えば、数字の6をリストの末尾に追加する場合には下記のように書きます。

下記が実行結果になります。

リストの末尾に文字列を追加する場合も同様に、下記のように書けます。
リストの末尾に、文字列’d’を追加しています。

下記が実行結果になります。

スポンサーリンク

リストの先頭にinsert()で要素を追加

リストの先頭に要素を追加する場合には、insert()メソッドを下記の形式で使います。

list.insert(挿入するインデックス, 挿入するオブジェクト)

例えば、数字の2をリストの先頭に追加する場合には下記のように書きます。
先頭のインデックスは0なので、insert()の第一引数には0を設定します。

下記が実行結果になります。

リストの先頭に文字列を追加する場合も同様に、下記のように書けます。
リストの先頭に、文字列’s’を追加しています。

下記が実行結果になります。

リストの任意の位置に、insert()でインデックスを指定して要素を追加

例えば、インデックス2の位置に、文字列’a’を挿入する場合には、下記のように書きます。

下記が実行結果になります。

リストの末尾にリストを追加する

リスト自体を、リストの末尾に追加することもできます。

list.extend(追加するリスト)

例えば、[4, 5, 6]をリストの末尾に追加する場合には、下記のように書きます。

下記が実行結果になります。

サンプルコード

下記が、上記のサンプルコードになります。

下記が実行結果になります。

その他参考:初期化と削除

・リストの要素を初期化する方法
Pythonでリスト(配列)を初期化する方法:入門編

・リストの要素を削除する方法
Pythonでリストの要素を削除する方法

スポンサーリンク