スポンサーリンク

Pythonでリストの要素を削除する方法

pop()を使って、リストの末尾の要素を削除

リストの末尾の要素を削除する場合には、pop()メソッドを下記の形式で使います。

list.pop()

例えば、リストの末尾を削除する場合には下記のように書きます。
また、戻り値として、削除された要素の値が返されます。

下記が実行結果になります。

スポンサーリンク

pop()を使って、インデックスで指定した要素を削除

下記の形式で、pop()の引数にインデックスを指定することで、指定したインデックスの要素が削除されます。

list.pop(インデックス)

例えば、インデックス1の要素を削除する場合には下記のように書きます。

下記が実行結果になります。

del文を使って、インデックスで指定した要素を削除

下記の形式で、del文を書くことで、指定したインデックスの要素が削除されます。

del list[インデックス]

例えば、インデックス1の要素を削除する場合には下記のように書きます。

下記が実行結果になります。

pop()を使って、リストの先頭の要素を削除

リストの先頭の要素を削除する場合には、pop()メソッドを下記の形式で使います。

list.pop(0)

例えば、リストの先頭を削除する場合には下記のように書きます。
また、戻り値として、削除された要素の値が返されます。

下記が実行結果になります。

del文を使って、リストの先頭の要素を削除

リストの先頭の要素を削除する場合には、del文を下記の形式で使います。

del list[0]

例えば、リストの先頭を削除する場合には下記のように書きます。
また、戻り値として、削除された要素の値が返されます。

下記が実行結果になります。

remove()を使って、指定したオブジェクトの要素を削除

下記の形式で、remove()の引数にオブジェクトを指定することで、指定したオブジェクトの要素が削除されます。
インデックス0から検索をかけて、最初にオブジェクトが登場した要素が削除されます。

list.remove(オブジェクト)

例えば、値が4の要素を削除する場合には、下記のように書きます。

下記が実行結果になります。最初に登場した値が4の要素(インデックスが1)の要素が削除されています。

del文でスライスを使って、指定した要素を削除

下記の形式で、del文をスライスを使って、スライスで指定した要素を削除できます。
AからB-1番目のインデックスの要素を削除できます。

del list[A: B]

インデックス2以降の要素を削除したい場合には、下記のように書きます。

下記が実行結果になります。

インデックス3以下の要素を削除したい場合には、下記のように書きます。

下記が実行結果になります。

インデックス1〜2の要素を削除したい場合には、下記のように書きます。

下記が実行結果になります。

その他参考

・リストの要素を初期化する方法
Pythonでリスト(配列)を初期化する方法:入門編

・リストの要素に追加・挿入する方法
Pythonのリストに要素を追加・挿入する方法

スポンサーリンク