Python初心者がリスト(配列)を学ぶ時には、まずリストの操作(初期化や挿入など)とリストのprint出力を通して、リストに慣れるのがPythonの学習の一つの道だと思います。Pythonは高機能で学んでいくと色々できるようになると思いますが、たくさんありすぎて何から勉強して良いかわからなくなることも多いと思います。
初めてPythonを勉強し初めた時のことを思い出して、リストを勉強したときに、試し書きしたリストの操作とprint出力について紹介します。

スポンサーリンク

Pythonでリストを初期化する方法

空のリストを初期化

空のリストを初期化したい場合は下記のように書きます。

スポンサーリンク

数値を直接入力してリストの初期化

リストへは数値を直接入力することができます。

文字列を直接入力してリストの初期化

数値と同様ですが、文字列もリストへ直接入力できます。

数値と文字列を混在してリストの初期化

数値と文字列を混在した形でリストを作成することができます。

スポンサーリンク

リストの中にリストを挿入して初期化もOK

リストの中に、更にリストを挿入して形でリストを作成できます。
Pythonのリストは非常に柔軟性が高いです。

リストの中に変数も設定できる

リストの中には変数も入力することができます。

指定サイズ分(要素数)だけ0埋めをして初期化

0埋めも用途によっては使うと思いますので、下記にご紹介します。
下記は、4要素数だけ0埋めしてリストを作成しています。

スポンサーリンク

内包表記でリストを初期化

内包表記でリストを初期化することもできます。
コード量も少なくなり便利ですね。

参考:Pythonの内包表記でリストを初期化

例えば、0~5までの数値で初期化するには下記のように書きます。

リストの初期化とリストのprint出力のサンプルコード

下記が、リストの初期化と、初期化したリストをprint出力するサンプルコードになります。

下記が実行結果になります。

その他参考

リストの初期化が終われば、今度はリストの要素を更に操作する段階になると思います。
Pythonではリストの追加や削除も容易にできるので、慣れておくと便利に使うことができると思います。

・リストの要素に追加・挿入する方法
Pythonのリストに要素を追加・挿入する方法

・リストの要素を削除する方法
Pythonでリストの要素を削除する方法

スポンサーリンク