スポンサーリンク

.bashrcを編集して、gitのプロンプトでブランチ名を表示させる

※MACターミナル(BSD系)での動作確認です。

brewでgitをinstallしたことを前提とします。
参考:MACでgitを使ってみる~gitのinstallからpathの設定まで〜

git-prompt.shが下記ディレクトリにあることを確認し、

.bashrcを編集して、
参考:Macターミナルの初期設定では~/.bash_profileと~/.bashrcはない?

下記を追加します。

スポンサーリンク

GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=trueで、ワーキングツリーの状態を把握しやすくなる

GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=trueと設定すると、
ワーキングツリーの状態の把握がしやすくなります。

例えば、下記のようにブランチ名の後ろの文字が変化していきます。

file001.txtに変更を加えます。

ブランチ名の後ろに、*が付きます。
リポジトリで管理されているファイルに変更があったことがわかります。

git addをすると、

ブランチ名の後ろに、+が付きます。

git commitをすると、

初期の状態にブランチ名の表示が戻ります。

スポンサーリンク